口コミ情報!!

TV、ラジオ、マスコミで話題の人気通販商品のご紹介!!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティヴィエスがお買い得

ティヴィエス 

ティヴィエス
ティヴィエス

>>>大人気の鍋・フライパンはこちら<<<
ティヴィエス


ティヴィエス
ティヴィエス

>>ホーム・インテリア・コレクターズディスカウントはこちら<<
ティヴィエス

ティヴィエス イタリア発! セラミックコーティング浅型両手鍋24cm

ティヴィエス
ティヴィエス

>>>ティヴィエス イタリア発! セラミックコーティング浅型両手鍋24cmはこちら<<<
ティヴィエス

【ティヴィエス イタリア発! セラミックコーティング浅型両手鍋24cm】の商品説明

1968年、アルミ器物メーカーとして中部イタリア、ウルビーノ市に創設された<ティヴィエス(TVS)社>より、“セラミックコーティング浅型両手鍋24cm”のご紹介です。

【熱伝導性に高いアルミ】
一般的にアルミは鉄に比べ約3倍の熱伝導率を持っているといわれており、金、銀を除いた一般工業用材料の中では銅に次ぐ高い熱伝導製性を持つ金属です。本品はこのような性質を持つアルミにセラミックコーティングを施しているので、予熱をしっかりすることにより、中、低温で調理しても、パリッと美味しくお料理が仕上がります。底面は厚底設計になっており、底面を厚くすることにより熱伝導率を高め、熱による変形(ゆがみ)を防ぐ仕様です。また側面は若干薄くしているため、しっかりした厚手の鍋でありながら比較的軽量で、日常使いしやすい構造になっています。
【内側セラミックコーティング】
内側は白色のセラミックコーティングを施しているので、調理状態がわかりやすいのも特徴。調味料の色合いも視覚的にチェックできるため、調味料を控えることができ、自然とヘルシーなお料理ができそう(内側のコーティングは、繰り返しの料理や過酷な温度条件で徐々に変色することがあります)。内側のセラミックコーティング加工は、耐熱温度が400度と高く、表面はガラス質。汚れもすぐにわかるのでお手入れしやすく、清潔な状態を保てます。また、内側にはリベットなどのでこぼこがないため、つるんとなめらかで汚れが残りにくく、お手入れもラク。セラミックコーティングは、ふっ素樹脂コーティングのものに比べて非粘着性(焦げ付きにくさ)は劣りますが、予熱をしっかりとすることや、油を引くことで焦げ付きにくく調理することができます。
【使い勝手のよい仕様】
外側は鮮やかなオレンジ色のホーロー仕上げなので光沢があり、キズが付きにくく、お手入れも簡単。アルミホーロー加工の耐熱温度も400度と高くなっています。また、取っ手とフタのつまみはオレンジ色のコーティング仕上げと、シリコーン加工が施してあるため、持った時に滑りにくく、手に優しい感触を与えてくれるのも魅力。取っ手には、握った時に親指が収まりやすく安定感が得られるくぼみ付きで握りやすくなっています。外側のオレンジカラーと内側のホワイトカラーとのコントラストが美しく、キッチンを明るく引き立ててくれるアイテムです。フランス製の“パイレックス”のガラスフタ付きで、ガラスのため調理の状態がフタを開けなくてもわかり、便利。浅型なので、魚の煮付けやすき焼きなど、深さを必要としない調理にぴったりです。
【イタリアの自社工場で生産】
本品は1968年創業のアルミ器物メーカー、<ティヴィエス社>製。<ティヴィエス社>は、ノンスティックコーティングのアルミフライパン、鍋などの製造で優れた品質とデザインにおいて、イタリアのリーディングカンパニーとして高く評価されています。鍋本体はイタリア国内の自社工場で生産、ガラスフタはフランスの“パイレックス”より取り寄せて、同じくイタリアの工場で組み合わせています。

ティヴィエス イタリア発! セラミックコーティング片手鍋18cm

ティヴィエス
ティヴィエス

>>>ティヴィエス イタリア発! セラミックコーティング片手鍋18cmはこちら<<<
ティヴィエス

【ティヴィエス イタリア発! セラミックコーティング片手鍋18cm】の商品説明

1968年、アルミ器物メーカーとして中部イタリア、ウルビーノ市に創設された<ティヴィエス(TVS)社>より、“セラミックコーティング片手鍋18cm”のご紹介です。

【熱伝導性に高いアルミ】
一般的にアルミは鉄に比べ約3倍の熱伝導率を持っているといわれており、金、銀を除いた一般工業用材料の中では銅に次ぐ高い熱伝導製性を持つ金属です。本品はこのような性質を持つアルミにセラミックコーティングしているので、予熱をしっかりすることにより、中、低温で調理しても、パリッと美味しくお料理が仕上がります。底面は厚底設計になっており、底面を厚くすることにより熱伝導率を高め、熱による変形(ゆがみ)を防ぐ仕様です。また側面は若干薄くしているため、しっかりした厚手の鍋でありながら比較的軽量で、日常使いしやすい構造になっています。
【内側セラミックコーティング】
内側は白色のセラミックコーティングを施しているので、調理状態がわかりやすいのも特徴。調味料の色合いも視覚的にチェックできるため、調味料を控えることができ、自然とヘルシーなお料理ができそう(内側のコーティングは、繰り返しの料理や過酷な温度条件で徐々に変色することがあります)。内側のセラミックコーティング加工は、耐熱温度が400度と高く、表面はガラス質。汚れもすぐにわかるのでお手入れしやすく、清潔な状態を保てます。また、内側にはリベットなどのでこぼこがないため、つるんとなめらかで汚れが残りにくく、お手入れもラク。セラミックコーティングは、ふっ素樹脂コーティングのものに比べて非粘着性(焦げ付きにくさ)は劣りますが、予熱をしっかりとすることや、油を引くことで焦げ付きにくく調理することができます。
【使い勝手のよい仕様】
外側は鮮やかなオレンジ色のホーロー仕上げなので光沢があり、キズが付きにくく、お手入れも簡単。アルミホーロー加工の耐熱温度も400度と高くなっています。また、取っ手とフタのつまみはオレンジ色のコーティング仕上げと、シリコーン加工が施してあるため、持った時に滑りにくく、手に優しい感触を与えてくれるのも魅力。取っ手には、握った時に親指が収まりやすく安定感が得られるくぼみ付きで握りやすくなっています。外側のオレンジカラーと内側のホワイトカラーとのコントラストが美しく、キッチンを明るく引き立ててくれるアイテムです。フランス製の“パイレックス”のガラスフタ付き。ガラスのため調理の状態がフタを開けなくてもわかり、便利です。
【イタリアの自社工場で生産】
本品は1968年創業のアルミ器物メーカー、<ティヴィエス社>製。<ティヴィエス社>は、ノンスティックコーティングのアルミフライパン、鍋などの製造で優れた品質とデザインにおいて、イタリアのリーディングカンパニーとして高く評価されています。鍋本体はイタリア国内の自社工場で生産、ガラスフタはフランスの“パイレックス”より取り寄せて、同じくイタリアの工場で組み合わせています。

ティヴィエス 

ティヴィエス
ティヴィエス

>>>大人気の鍋・フライパンはこちら<<<
ティヴィエス


ティヴィエス
ティヴィエス

>>ホーム・インテリア・コレクターズディスカウントはこちら<<
ティヴィエス
スポンサーサイト

テーマ : キッチン生活
ジャンル : 結婚・家庭生活

   
検索
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
フリーエリア
aj-search!自動相互リンク All Japan 検索エンジン!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。