口コミ情報!!

TV、ラジオ、マスコミで話題の人気通販商品のご紹介!!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンブランヤマグチがお買い得

モンブランヤマグチ 

モンブランヤマグチ
モンブランヤマグチ

>>>モンブランヤマグチの商品一覧はこちら<<<
モンブランヤマグチ

>>>ちょっとおすすめ モンブランヤマグチはこちら<<<


モンブランヤマグチ
モンブランヤマグチ

>>>最新大人気ファッションTOP5はこちら<<<
モンブランヤマグチ

モンブランヤマグチ ほぐし織り 16本骨長傘 “カトレア”

モンブランヤマグチ
モンブランヤマグチ

>>>モンブランヤマグチ ほぐし織り 16本骨長傘 “カトレア”はこちら<<<
モンブランヤマグチ

【モンブランヤマグチ ほぐし織り 16本骨長傘 “カトレア”】の商品説明

1960年(昭和35年)創業以来、高級洋傘を専門に作り続けてきたブランド<モンブランヤマグチ>より、“ほぐし織り”という日本伝統の生地を使った、16本骨長傘“カトレア”のご紹介です。

【高級洋傘専門ブランド<モンブランヤマグチ>】
1960年(昭和35年)創業以来、高級洋傘を専門につくり続けてきたブランド。“ほぐし織り”という日本伝統の生地を使った、オリジナルデザインの傘が特に有名です。その美しい仕上がりは、美術品かと見まがうような豪華さ。傘1本ずつを熟練の職人が丁寧に手づくりしているため、量産が難しい逸品です。
【ほぐし織り】
“ほぐし織り”とは江戸時代に着物の生地(=反物)を織るために用いられていた技法。以前は着物の生地としてつくられていましたが、現在では、反物よりも織り幅を細くして、傘生地用に変更したものだけがつくられています。“ほぐし織り”は、色や柄のやわらかさ、温かみ、奥行きの深さが楽しめるという特長を持っています。プリント生地と違い、裏面からも柄が見えるのもポイント。“ほぐし織り”の傘用生地は、細い幅で織り上げられるため、糸の打ち込みがよく、丈夫で長持ち。また、最初から傘にすることを意図してデザインされているため、傘に仕立てた時に縫い合わせる必要がなく、美しい仕上がりとなります。
<つくり方>
(1)縦糸のみに色柄を手で捺染(なっせん=染めること)する
※この時、横糸は仮糸[=(2)の工程で抜いてしまう]。色の数だけの型紙を使い、色ごとに染めを繰り返す
(2)人の手により仮糸(=横糸)を取り除く
※仮糸を取り除くことを“ほぐす”といい、この織り方を“ほぐし織り”というようになりました。仮糸を取り出す際に柄が少しずれ、やわらかく立体的な表現となります
(3)横糸を入れて本織りする
※生地をつくるだけで約2ヶ月を要する、手間ひまのかかった織り方
【職人による丁寧な手づくり】
“ほぐし織り”の生地に約1ヶ月かけて防水加工を施した後、職人が1枚ずつ型を当てて傘の形に生地を切り、1本ずつ手作業で傘に仕立てます。シャフト部分には天然の樫を使用。持ち手部分には天然の楓を使用し、可愛らしいタッセル付きで上品な雰囲気に仕上がっています。しっかりとしたつくりはブランドならではであり、細部にまで職人魂が光ります。
【16本骨長傘“カトレア”】
傘の骨を、通常の倍の16本使用していながらも、持ちやすい仕上がり。16本骨傘は通常の8本骨傘より丈夫で、丸みを帯びた優しいフォルムとなるので、包み込まれるように傘をさすことができるのが特徴です。骨と骨との感覚が狭いため、全体から雨が流れることにより、濡れにくいのも嬉しいポイント。骨と骨とがあたる部分には生地をあて、縫い付けています。細部にまでこだわり、熟練の職人が丹念につくり上げています。傘を開くと、“カトレア”の花を大胆に散りばめた華やかなデザイン。雨に濡れると、“カトレア”の模様が浮き上がっているように見え、より美しい印象に。さまざまな装いにコーディネイトしやすく、幅広い年代の方々にお楽しみいただけます。

モンブランヤマグチ ほぐし織り 長傘 “万華鏡”

モンブランヤマグチ
モンブランヤマグチ

>>>モンブランヤマグチ ほぐし織り 長傘 “万華鏡”はこちら<<<
モンブランヤマグチ

【モンブランヤマグチ ほぐし織り 長傘 “万華鏡”】の商品説明

1960年(昭和35年)創業以来、高級洋傘を専門に作り続けてきたブランド<モンブランヤマグチ>より、“ほぐし織り”という日本伝統の生地を使った、長傘“万華鏡”のご紹介です。

【高級洋傘専門ブランド<モンブランヤマグチ>】
1960年(昭和35年)創業以来、高級洋傘を専門につくり続けてきたブランド。“ほぐし織り”という日本伝統の生地を使った、オリジナルデザインの傘が特に有名です。その美しい仕上がりは、美術品かと見まがうような豪華さ。傘1本ずつを熟練の職人が丁寧に手づくりしているため、量産が難しい逸品です。
【ほぐし織り】
“ほぐし織り”とは江戸時代に着物の生地(=反物)を織るために用いられていた技法。以前は着物の生地としてつくられていましたが、現在では、反物よりも織り幅を細くして、傘生地用に変更したものだけがつくられています。“ほぐし織り”は、色や柄のやわらかさ、温かみ、奥行きの深さが楽しめるという特長を持っています。プリント生地と違い、裏面からも柄が見えるのもポイント。“ほぐし織り”の傘用生地は、細い幅で織り上げられるため、糸の打ち込みがよく、丈夫で長持ち。また、最初から傘にすることを意図してデザインされているため、傘に仕立てた時に縫い合わせる必要がなく、美しい仕上がりとなります。
<つくり方>
(1)縦糸のみに色柄を手で捺染(なっせん=染めること)する
※この時、横糸は仮糸[=(2)の工程で抜いてしまう]。色の数だけの型紙を使い、色ごとに染めを繰り返す
(2)人の手により仮糸(=横糸)を取り除く
※仮糸を取り除くことを“ほぐす”といい、この織り方を“ほぐし織り”というようになりました。仮糸を取り出す際に柄が少しずれ、やわらかく立体的な表現となります
(3)横糸を入れて本織りする
※生地をつくるだけで約2ヶ月を要する、手間ひまのかかった織り方
【職人による丁寧な手づくり】
“ほぐし織り”の生地に約1ヶ月かけて防水加工を施した後、職人が1枚ずつ型を当てて傘の形に生地を切り、1本ずつ手作業で傘に仕立てます。シャフト部分には天然の樫を使用。持ち手部分には天然の楓を使用し、可愛らしいタッセル付きで上品な雰囲気に仕上がっています。しっかりとしたつくりはブランドならではであり、細部にまで職人魂が光ります。
【ほぐし織り 長傘“万華鏡”】
“ほぐし織り”生地を使用した長傘。傘を開くと、まるで万華鏡の中をのぞいているように見える細かい柄の組み合わせがお洒落な仕上がりです。内側から見ても楽しい気分を演出。雨に濡れると模様が浮き上がっているように見え、より美しい印象に。さまざまな装いにコーディネイトしやすく、幅広い年代の方々にお楽しみいただけます。収納袋付きで、使わない時などにしまっておくのにも便利。美しく上品に持ち歩くことができます。

モンブランヤマグチ 

モンブランヤマグチ
モンブランヤマグチ

>>>モンブランヤマグチの商品一覧はこちら<<<
モンブランヤマグチ

>>>ちょっとおすすめ モンブランヤマグチはこちら<<<


モンブランヤマグチ
モンブランヤマグチ

>>>最新大人気ファッションTOP5はこちら<<<
モンブランヤマグチ
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ情報・お買得情報
ジャンル : ファッション・ブランド

   
検索
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
フリーエリア
aj-search!自動相互リンク All Japan 検索エンジン!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。